冬道はゆっくり、慎重に!

冬になると、歩道が雪と氷で埋もれて、ほぼスケートリンク状態に。
こんな道は、当然怖くて歩きにくいのでした。

という訳で冬は、おしゃれよりも安全優先です。
ヒールを封印し、滑りにくい靴で、ソロソロと狭い歩幅で移動しています。
それでも、必ず1回は道で滑って転びそうになってしまうのでした。

数年前の冬、柔道なら「一本!」と審判の右手が迷わず上がるぐらいに、
派手に、そして完璧に転んでしまいました。
その時は、氷の地面に左半身を強打してしまい、
1週間以上痛みが取れず、つらい日々を送ったものです…

それに懲りて、冬道は慎重に歩くようになったのでした。
その成果なのか、去年はなんとか転ばずに春を迎えました。
そして今年も、今のところ転んでいないのです。
この調子で早く春になーれ。